ヘアワックス リップスワックス

リップス・ワックス組み合わせおすすめ6選!組み合わせるメリット・コツは?

スポンサーリンク

リップスのワックスのおすすめの組み合わせが知りたい

ワックスを組み合わせるメリットってなんだろう

自分で新しい組み合わせを作るときのコツを知りたい

こんな疑問を持っていませんか。

 

リップスのワックスってロフトなどでもかなり宣伝されていて人気のワックスですよね。

 

最近リニューアルしてからボクも使いはじめました

 

リップスのワックスは単体でも使いやすいワックスですが、組み合わせるとさらにセットの幅が広がります。

 

そこで今回はリップスのワックスを組み合わせて使ってみたいあなたのために、

リップスのワックス組み合わせおすすめ6選

をわかりやすくご紹介します。

 

その他下記のこともわかりますよ⇓⇓⇓

リップスのワックスを組み合わせる2つのメリット

自分でリップスのワックスを組み合わせる3つのコツ

この記事を読めば、なたもリップスのワックスをさらに使いこなせるようになること間違いなしですよ。

 

最後まで読んでってね(^_-)-☆

リップスのワックスのおすすめの組み合わせ6選

リップスのワックス、人気の組み合わせは下記の6つです。⇓⇓⇓

マットハードワックス×フリースタイラーワックス

グロスムーブワックス×エアーマットワックス

グロスムーブワックス×ウエットブラストワックス

マットハードワックス×エアーマットワックス

フリースタイラーワックス×グロスムーブワックス

ハードアクティブワックス×ハードブラストワックス

マットハードワックス×フリースタイラーワックス

マットハードワックス×フリースタイラーワックスの組み合わせの特徴は、

しっかりと束感を出すことができ、マットハードワックスでは出づらいツヤを少しプラスできる

 

マットハードワックスとフリースタイラーワックスの特徴は⇓⇓⇓

マットハードワックス フリースタイラーワックス

ドライワックス

ドライな束感を出すことができる

ナチュラルな無造作ヘアを作れる

セット力4(5段階中)

ツヤ2(5段階中)

リップスのワックスの中でちょうど中間に位置する

セット力・ツヤともにバランスがとれている

何かに特化していないので、組み合わせる時には重宝する

セット力3(5段階中)

ツヤ3(5段階中)

マットハードワックスは、ドライな質感・強力なセット力が魅力です。しっかりと束感を出すのに最適!!

 

マットハードワックスのレビュー記事は下記からどうぞ⇓⇓⇓

リップス・マットハードワックスを使ってセットレビュー!使い方もご紹介!

続きを見る

 

柔らかい髪質の人や、細い髪の毛で立ち上げてボリュームだしたい時にも重宝しますよ

 

しかし、ツヤはほとんどでません。マットハードワックスのセット力はほしいけど、気持ち少しだけツヤがほしいなんて時もありますよね。

 

そんなときは、フリースタイラーワックスをプラスしてツヤを少しだけ出してあげましょう。

 

フリースタイラーワックスを少しプラスすることで、強力なセット力はそのままに少しツヤをだすことできますよ

 

セットした質感は、下記のアップバンクスタイルのように立ち上げて束感をだすことができますよ。⇓⇓⇓

出典:BIGLOBE Beauty

こんな方におすすめ

  • 細毛・柔らかい髪で髪の毛を立ち上げたい人
  • ドラマな質感が好きな人
  • 束感をしっかり作りたい人
  • 少しだけツヤもほしい人

 

 

グロスムーブワックス×エアーマットワックス

グロスムーブワックス×エアーマットワックスの組み合わせの特徴は、

濡髪のようなツヤに少しフワッとした質感をプラスできる

グロスムーブワックス×エアーマットワックスの特徴は⇓⇓⇓

グロスムーブワックス エアーマットワックス

濡髪のようなツヤがしっかりだせるワックス

長い髪や、パーマスタイルの人は色気がだせる

パーマやブリーチで乾燥した髪の毛に潤いをプラスできる

セット力3(5段階中)

ツヤ4(5段階中)

 ドライワックス

髪の毛をフワッとさせることができナチュラルに仕上がる

ワックスをつけてる感があまりでない

セット力3(5段階中)

ツヤ3(5段階中)

グロスムーブワックスは、濡髪のようなツヤで大人の雰囲気をだせます。

 

セット力はそこまでないので、パーマスタイルなどで活躍するワックスですね

 

また水分が多いワックスなので、パーマやブリーチで傷んだ髪に潤いをプラスできるのも嬉しいポイントです。

 

グロスムーブワックスでも十分だけど、もう少しパーマのボリュームを出したい、フワッとさせたい、伸びてきてボリュームがだしづらいなんて時ありませんか?そんな時は、エアーマットワックスを組み合わせて使いましょう。

 

ーマットワックスは、フワッととした感を作ることができます。

 

グロスムーブワックスとは両極端なワックスですね

 

グロスムーブワックスのツヤはそのままに、少しボリュームを持たせてくれるので相性抜群ですよ。

 

セットした質感は、下記のように濡髪のようなツヤがバッチリでますよ。⇓⇓⇓

出典:BIGLOBE Beauty

こんな方におすすめ

  • 濡髪のような色気のあるセットがしたい方
  • パーマやブリーチで髪の毛が乾燥している人
  • パーマスタイルの人
  • ツヤのあるセットに少しフワッとした質感がほしい人

 

グロスムーブワックス×ウエットブラストワックス

グロスムーブワックス×ウエットブラストワックスの組み合わせの特徴は、

濡髪のようなツヤのあるセットをきっちりと固めることができる

 

グロスムーブワックスとウエットブラストワックスの特徴は、

グロスムーブワックス ウエットブラストワックス

濡髪のようなツヤがしっかりだせるワックス

長い髪や、パーマスタイルの人は色気がだせる

パーマやブリーチで乾燥した髪の毛に潤いをプラスできる

セット力3(5段階中)

ツヤ4(5段階中)

強力なセットとグリースのようなツヤがだせる

ジェルやグリースよりのワックス

セット力5(5段階中)

ツヤ4(5段階中)

グロスムーブワックスは、濡髪のようなツヤで大人の雰囲気をだせます。たっぷりのツヤで大人の雰囲気を出したい人に最適なワックスですね。しかし、セット力があまりないのでキープ力という点では弱いです。

 

ツヤのあるセットを少し固めたい、セットしたパーマのカールを固めたいという日もありますよね。

 

ボクは、パーマは結構セット力強めでカールを固めたいタイプです

 

そんなときは、ウエットブラストワックスを組み合わせて使いましょう。ウエットブラストワックスは、ツヤがしっかりでてさらにセット力抜群です。

 

言ってしまえば、グロスムーブワックスにセット力をプラスしたようなワックス!!

 

ウエットブラストワックスの詳しい記事は下記から見てね!⇓⇓⇓

リニューアルしたリップス・ウエットブラストワックスをレビュー!使い方は!?

続きを見る

 

グロスムーブワックスのツヤはそのままに、少し固めのセットをすることができますよ

 

とにかくツヤを優先したい人には、鬼に金棒の組み合わせですね。セットした質感は、下記のようにパーマのカールを活かしつつパリッと固めることができますよ。⇓⇓⇓

出典:BIGLOBE Beauty

こんな方におすすめ

  • とにかくツヤたっぷりのセットがしたい人
  • ツヤを優先したいけど少しセット力も欲しい人
  • ツヤのあるセットを1日中キープしたい人
  • パーマのカールを固めたい人

マットハードワックス×エアーマットワックス

マットハードワックス×エアーマットワックスの組み合わせの特徴は、

しっかりと束感を出しつつ、フワッとボリュームをだすことができる

 

マットハードワックスとエアーマットワックスの特徴は、

マットハードワックス エアーマットワックス

ドライワックス

ドライな束感を出すことができる

ナチュラルな無造作ヘアを作れる

セット力4(5段階中)

ツヤ2(5段階中)

 ドライワックス

髪の毛をフワッとさせることができナチュラルに仕上がる

ワックスをつけてる感があまりでない

セット力3(5段階中)

ツヤ3(5段階中)

マットハードワックスは、ドライな質を作りつつ束感をだすことができます。

 

とにかくドライな質感で、束感ならマットハードワックス一択!!!

 

エアーマットワックスは、髪の毛にボリュームを持たせナチュラルに仕上げることができます。

 

あれっ!ワックスつけてる?くらいのナチュラルに仕上がりますよ

 

マットハードワックスとエアーマットワックスを組み合わせれば、ドライな束感を出しつつ髪の毛全体のボリュムをアップすることができますよ。

 

セットした質感は、下記のようにドライな質感をだしつつボリュームがでますよ。⇓⇓⇓

出典:BIGLOBE Beauty

こんな方におすすめ

  • ドライな質感を求める人
  • とにかくナチュラルな質感が好きな人
  • ドライな束感が欲しい人
  • 束感を出しつつも、ボリュームもほしい人

 

フリースタイラーワックス×グロスムーブワックス

フリースタイラーワックスとグロスムーブワックスの組み合わせの特徴は、

くせ毛を活かしてよりツヤのあるスタイルを作れる

 

フリースタイラーワックスとグロスムーブワックスの特徴は、

フリースタイラーワックス グロスムーブワックス

リップスのワックスの中でちょうど中間に位置する

セット力・ツヤともにバランスがとれている

何かに特化していないので、組み合わせる時には重宝する

セット力2(5段階中)

ツヤ2(5段階中)

濡髪のようなツヤがしっかりだせるワックス

長い髪や、パーマスタイルの人は色気がだせる

パーマやブリーチで乾燥した髪の毛に潤いをプラスできる

セット力3(5段階中)

ツヤ4(5段階中)

パーマや,くせを活かしたいならこの組み合わせ!!

 

フリースタイラーワックスは、セット力・ツヤともにバランスが取れています。パーマが強くかかっていたり、くせが強い人はそこまでセット力がなくても問題ありません。

 

そんな人はフリースタイラーワックスがピッタリです。フリースタイラーワックスで足りないツヤを、グロスムーワックスでプラスしてあげましょう。

 

グロスムーブワックスをプラスすることでパーマや、くせ毛をより活かせるセットにすることができますよ

 

セットした質感は、下記のようにパーマを活かしつつツヤたっぷりのセットがでますよ。⇓⇓⇓

出典:BIGLOBE Beauty

こんな方におすすめ

  • 強いパーマがかかっている人
  • 天パーなどくせ毛の人
  • パーマ、くせ毛を活かしつつツヤを出したい人

ハードアクティブワックス×ハードブラストワックス

ハードアクティブワックス×ハードブラストワックスの組み合わせの特徴は、

とにかくセット力と束感をだせる

 

ハードアクティブワックスとハードブラストワックスの特徴は、

ハードアクティブワックス ハードブラストワックス

強力なセット力

少しのツヤ

ほどよいツヤでしっかりと束感を出せる

動きのあるスタイルを作れる

セット力4(5段階中)

ツヤ3(5段階中)

リップスのワックスの中で1番のセット力

束感を思いっきりだせる

少しのツヤ

セット力5(5段階中)

ツヤ3(5段階中)

なによりセット力と束感を求めるならこの組み合わせ!!

 

ハードアクティブワックス、ハードブラストックスともに強力なセット力が魅力です。

 

この組み合わせなら、これでもかという束感をだせますよ

 

ツヤも少し出しつつ、とにかくセット力・とにかく束感を求める人はこの組み合わせで間違いなし

 

セットした質感は、下記のようにバリバリ束感がでる男らしいセットができますよ。⇓⇓⇓

出典:BIGLOBE Beauty

ハードアクティブワックスを使ったセットレビュー記事は下記からどうぞ⇓⇓⇓

リップス ハード アクティブワックスを使ってセットレビュー!使い方もご紹介!!

続きを見る

 

こんな方におすすめ

  • 最強のセット力がほしい人
  • とにかく束感のでるスタイルを作りたい人

リップスのワックスを組み合わせる2つのメリット

リップスのワックスを組み合わせるメリットは、

組み合わせ次第でどんなスタイルでも作れる

香りがケンカしない

組み合わせ次第でどんなスタイルでも作れる

リップスのワックスは、8種類すべて特徴が違うのでどんなスタイルにも対応できます。8種類の特徴が異なるからこそ、欲しい要素をプラスしたり、より強化してどんなスタイルにも対応できますよ。

 

リップスワックスの特徴について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。⇓⇓⇓

LIPPS(リップス)ワックスが変わった!?全10種類リニューアル内容を比較してご紹介!

続きを見る

 

人の髪の毛って毛質だけではなく、量、長さ、湿度など様々なもので日々変わりますよね。

 

例えば、下記のような経験ありませんか⇓⇓⇓

伸びてきてセットがしづらくなってきた

湿気のせいでセットしても髪の毛がつぶれてしまう

ブリーチやパーマのダメージでセットのとき髪の毛が引っかかる

上記のようなことがあると1つのワックスだけでは、対応できない日がでてきてしまいます。

 

ボクは、髪の毛を切って1ヶ月もすると毛量が増えてセットがしづらくなります

 

そんなとき、ワックスを組み合わせることで悩みに合わせた足りな要素を補うことができますよ。1つのワックスにこだわらず、ワックスを組み合わせてスタイリングを楽しみましょう。

香りがケンカしない

リップスのワックスは、アップルグリーンとアプルペアーの2種類の香りを採用しています。

 

アップル系の香りどうしなので、組み合わせ使っても香りがケンカしないので安心ですよ。甘い香りのワックスと爽やかな香りのワックスを混ぜるとゴチャゴチャした香りになってしまうことがあります。

 

仮にセットが上手くいっても香りがケンカしてしまうと台無しですよね

 

リップスのワックスであれば同じアップル系の香りなので安心して組み合わせることができますよ。

新しいリップス・ワックスの組み合わせを作る3つのコツ

リップスのワックスを組み合わせるコツは、

作りたい髪型の質感を決める

作りたい質感を作るためのベースのワックスを決める

プラスでほしい要素にあったワックスを少しづつ足していく

組み合わせ方は、リップスのワックスに限らず上記のやり方で決めていくと間違いないですよ。

作りたい髪型の質感を決める

ざっくりでもいいので作りたい髪型と質感を決めましょう。

 

例えば、

ドライな質感でセット力と束感がほしい

ドライな質感でセット力がほしいけど束感はあまりいらない

ボリュームを抑えたセットにしたいのでセット力はそこまでいらないけどツヤはほしい

ワックスをつけているかわからないくらいのナチュラル

ツヤのある質感でセット力束感もほしい

ツヤのある質感

 

ボクはざっくり上記の中から一番優先したいものをベースに決めるようにしています

作りたい質感を作るためのベースのワックスを決める

一番優先したい質感が決まったら、スタイリングするのに最適なワックスを決めましょう。

 

質感・特徴ごとにリップスのワックスをまとめたので下記を参考に選んでみてくださいね。⇓⇓⇓

作れる質感 ワックス(セット力・ツヤ)★5段階中
ドライな質感

ドライブラストワックス(セット力5・ツヤ1)

マットハードワックス(セット力4 ・ツヤ2)

エアーマットワックス(セット力2・ ツヤ2)

ドライな質感とツヤのある質感の中間

ハードブラストワックス(セット力5・ ツヤ3)

ハードアクティブワックス(セット力4 ・ツヤ3)

フリースタイララーワックス(セット力3・ ツヤ3)

ツヤのある質感

ウエットブラストワックス(セット力5・ ツヤ4)

グロスムーブワックス(セット力3・ ツヤ4)

実際にワックスを使った髪型イメージを知りたい方は、下記のリップスさん公式インスタを見てみるとすごく参考になりますよ。⇓⇓⇓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LIPPShair千葉【リップス】(@lipps_hair_chiba)がシェアした投稿

プラスでほしい要素を他のワックスで足していく

ベースとなるワックスが決まったら、プラスでほしい要素のワックスを足していきましょう。

 

例えば、

ナチュラルに仕上げたいたけど、もう少しだけセット力ほしい

ツヤのスタイルにもっとツヤをプラスしたい

ドライな束感をだしたいけど少しボリュームがほしい 

 

コツは、少しづつ足していくことです!!

 

いきなり多く足してしまうと、思った以上にツヤが出すぎたり、セット力が強すぎたりと失敗するかもしれません。少しずつ足していって理想のセットをしましょう。

個人的ベースワックスに組み合わせるおすすめワックス2選

フリースタイラーワックスかエアーマットワックスがおすすめです。

 

2つともセット力・ツヤともに強くないので、ベースワックスの足りない要素を補いやすいですよ。フリースタイラーワックスとエアーマットワックスを皮切りに慣れてきたら色々と試していきましょう。

 

リップス・ワックス組み合わせまとめ

今回は、リップスのワックス組み合わせおすすめ6選・組み合わせるメリット・組み合わせるコツをご紹介しました。

 

組み合わせを楽しめるようになると、さらにスタイリングが楽しくなるんですよね

 

ご紹介した6つ以外にもいい感じの組み合わせはあるはずです。この記事を読んだあなたも自分だけのオリジナルの組み合わせを見つけてほしいですね(^_-)-☆

 

1つ買ったら満足ではなく、このワックスにはどれが合いそうかな?という視点で見るとワックス選びも楽しくなりますよ。

 

アディオス、バイ(^_-)-☆

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ヘアワックス, リップスワックス

© 2022 メンズヘアワックスラボ!! Powered by AFFINGER5