ヘアワックスの選び方

メンズ版髪質診断の方法とは!?髪質ごとのメリット・デメリットは!?

スポンサーリンク

自分の髪質ってよくわかっていない

髪質をわかっていないからワックス選びが上手くできない

自分の髪質にあったワックスを選びたい

こんな悩みを持っていませんか?

 

髪質別おすすめワックス○○選!ていう記事はたくさんありますが、そもそも自分の髪質をわかっていない人が多いのが事実です。自分の髪質を理解していないと、どのワックスを使ったらいいかわかりませんよね。

 

ボクも自分の髪質をきちんと理解するまでは、ワックス選びにたくさん失敗してきました。

 

ボクと同じような失敗はしてほしくない

 

そこでこの記事では、自宅でできるメンズ版髪質診断の方法をご紹介します。

 

その他にも下記のことがわかりますよ⇓⇓⇓

髪質別、ヘアセットのメリット・デメリット

髪質別、おすすめワックスの種類

この記事を読めば、ワックス選びに必須の自分の髪質を理解できること間違いなしですよ。

 

最後まで読んでってね(^_-)-☆

髪質診断でわかる2つの髪質とは?

髪質診断ではざっくり2つの髪質を判断することができます⇓⇓⇓

軟毛

直毛

上記2つの髪質で自分がどちらに当てはまるのか理解できれば、ワックス選びの準備はできたようなものです。

 

自分がどちらにあたるのか把握しておきましょう

 

くせ毛・パーマ毛の人はだいたいわかると思うので、今回の髪質診断では軟毛・直毛の診断がメインになります。

【メンズ版】自分の髪質診断方法2ステップ

メンズ版髪質診断2ステップは⇓⇓⇓

・ステップ1 自分の髪の毛を5センチ程度つまむ

・ステップ2 つまんだ髪の毛をはなす

※ただし、ベリーショートや坊主に近い人で、5センチ程度髪の毛をつまめない人は診断できません。

ステップ1 自分の髪の毛を5センチ程度つまむ

トップの髪の毛、イドの方が長い人はサイドの髪の毛を5センチ程度つまみます。

 

5センチは、単三電池1つ分の長さですね

 

できればトップ、足りなければ単三電池1つ分の長さがあるところこをつまみあげましょう。

ステップ2 つまみあげた髪の毛をはなす

ステップ1でつまみあげた髪の毛をはなしましょう。

 

はなしたあとの髪の毛の状態によって直毛か軟毛の判断ができます⇓⇓⇓

・軟毛⇒元通りぺたんとなる。髪の毛が寝てしまう

・直毛⇒多少フワッと立ったような感じになる(静電気で髪の毛がフワフワするやつの超弱い程度)

あなたはどちらでしたか?

 

ボクは、わかっていましたが案の定直毛でした

 

たったの2ステップ、10秒もあれば髪質診断できるのでぜひやってみてくださいね。

【メンズ版】髪質診断結果に不安のある方は担当美容師さんに聞こう

ご紹介したメンズ版質診断はあくまでもセルフで簡単にできるものです。

 

もっと細かに髪質を理解したい、髪の毛のダメージ具合を把握したい場合などは担当の美容師に聞いてみましょう。

 

人によっては場所によってクセがあったりしますからね

髪質の違いによるヘアセットのメリット

髪質ごとのヘアセットのメリットは⇓⇓⇓

軟毛⇒髪の毛がまとまりやすいので、髪の毛が伸びてもセットしやすい

直毛⇒髪の毛がまっすぐなので、立たせやすい・ボリュームをだしやすい

軟毛は、髪の毛が伸びてもセットしやすいので美容院代を節約できる

髪の毛がまとまりやすいので、ある程度髪の毛が伸びてもセットしやすいです

 

ワックス選び・使い方さえマスターすれば、長くなってもセットができます。

 

ボクなんて直毛の剛毛なので伸びてくると手に負えないので羨ましい

 

長くなってもセットでるので美容院にかけるお金を節約できますよ

 

美容院にいく頻度が下がれば1回の美容院にお金をかけるのもありですよね

 

トリートメントやヘッドスパなど+αの部分にお金をかけたりなど!軟毛のまとまりやすさ、セットのしやすさを最大限活かしてセットしましょう。

直毛は、ボリュームが出しやすいのでセットの方法をマスターすれば自由自在

直毛の人は、髪の毛浮きやすいので全体的にボリュームをだせます。

 

ボリュームがでのを活かして、立たせるのもよし、抑えるところは抑えてセットすれば最強!

 

適切なワックス選び・使い方さえマスターすればヘアセットを楽しめますよ

 

軟毛の方に比べて毛量が増えるとセットしづらくなるのでカットの頻度は多くなりますけどね。直毛のボリュームのだしやすさを活かしてセットを楽しみましょう

髪質によるヘアセットのデメリット

髪質ごとのヘアセットのデメリットは⇓⇓⇓

軟毛⇒髪の毛にボリュームがでずらい、スタイルキープが難しい

直毛⇒髪の毛が浮きやすい、サイドが浮いて広がりやすい

軟毛のデメリット

軟毛の人は、髪の毛にボリュームがでずらく、スタイルキープが難しいです。

 

髪の毛1本1本が細いので全体的に潰れてしまいがちなんですね

 

なので直毛の方以上にワックスの選び方・使い方が重要になってきます。

 

ワックスの選び方から使い方まで詳しく知りたい方は下記から読めますよ⇓⇓⇓

メンズヘアワックスの選び方・使い方・落とし方まで完璧解説!ヘアセットはこれで攻略!

続きを見る

直毛のデメリット

直毛の人は、髪の毛が浮きやすく、得にサイドが広がりやすいです。

 

直毛の人は髪の毛がピンピンしているのでしょうがない部分ですね

 

ボクもそうです・・・

 

なにもしないと人によってはボンバーヘアの野暮ったい印象になりがちです。適切なワックスとセットで、直毛を抑えてオシャレなヘアセットにしましょう!

髪質別おすすめおワックスの種類

髪質ごとのおすすめワックスの種類は⇓⇓⇓

軟毛⇒マット系・クレイ系・クリーム系・ハード系

直毛⇒ファイバー系・クリーム系・ジェル・グリース

軟毛編

軟毛の方は、ボリュームがでるワックス、セット力が強いものを選びましょう。

 

水分・油分が多いとペタッと潰れてしまうのでなるべく、水分・油分が少ない下記がおすすめ⇓⇓⇓

マット系(ドライ)⇒水分が少ないので髪の毛をしっかりセットできる。油分も少ないのでナチュラルに仕上げられる

クレイ系⇒粘土質のようにひじょうに硬いワックス。水分・油分が少ないのでボリュームを出すのに最適

クリーム系⇒柔らかい質感を作れる。ほどよい油分と水分を含んでいる。初心者向け

ハード系⇒強いセット力。髪の毛を立ち上げつつ、動きをだしたい方に最適

軟毛人におすすめのワックスは下記からどうぞ⇓⇓⇓

軟毛の人におすすめメンズワックス10選!!ワックス選びの3つのポイントは!?

続きを見る

直毛編

直毛の人は、セット力の強いもの・ホールド力の高いワックスを選びましょう

 

直毛の膨らみがちな髪の毛を強いセット力で抑えられる、セット後もホールド力のあるワックスは下記がおすすめ⇓⇓⇓

ファイバー系⇒セットしやすく、束感を作りやすい。キープ力も抜群

クリーム系⇒ファイバー系とクレイ系の中間。ほどよいセット力とキープ力で馴染みやすい。

ジェル⇒高いセット力。セット後固まるのでキープ力抜群

グリース⇒強いセット力とホールド力。ツヤも抜群にでる。セット後も手直しできる。

直毛の人におすすめのワックスは下記からどうぞ⇓⇓⇓

直毛におすすめメンズワックス10選!!ワックスの選び方3つのポイントは!?

続きを見る

メンズ版髪質診断で自分の髪質を理解することからはじめよう

今回は、自宅で簡単にできるメンズ版髪質診断についてご紹介しました。

 

ヘアワックスを選ぶにしても自分の髪質を知っていないと選びようがないですよね。自分の髪質にあっていないワックスを使っていては、いつまでたっても思い通りのセットはできません。

 

まずはご紹介した、メンズ版髪質診断をやってもらってからワックスを購入しましょう。自宅で髪質診断をした上で、まだ不安な方は担当美容師さんに聞いてみましょう。

髪質が分かった方は下記の記事を参考にワックス選び~使い方・落とし方・ケアまでマスターしましょう⇓⇓⇓

メンズヘアワックスの選び方・使い方・落とし方まで完璧解説!ヘアセットはこれで攻略!

続きを見る

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ヘアワックスの選び方

© 2022 メンズヘアワックスラボ!! Powered by AFFINGER5